株式会社ジェイアール東日本物流

JR東日本グループ

会社情報

女性活躍推進のための行動計画

平成28年4月1日策定

女性従業員の雇用環境を整備し、女性従業員が増加・活躍できるように、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間

2.当社の課題

どの職種も女性従業員の応募が少なく、女性従業員の割合が少ない。

3.目標と取組内容・実施時期

目標
女性従業員の採用を増やすとともに離職率を下げ、今年度から平成30年度末までに現在の女性従業員比率(4.99%)を、各職場ごとに女性がチームを組んで相談しながら仕事が出来る比率(少なくとも10%)に引き上げる。

<取組内容>

平成28年6月~
・ダイバーシティに向けた取組みについて、社長からメッセージを発信したり、ストレスチェックやメンタルヘルスの実施により職場環境の整備を実施する。
・女性でも親しみを持てるような、応募意欲を持てる内容のHPにリニューアルする。
・作業で使用する道具に対する具体的な問題点を調査し、女性でも使用しやすい台車等の開発を行う。
・新規で入社した従業員には付き添いを付け、不安がなくなるまで指導するような仕組みを検討する。
・現在の制度を利用した経験者等に聞き取りを実施し、より良い社内制度を検討する。
・女性活躍拡大PT調査資料をもとに設備等の課題について把握し、ESの向上を図り、結果をHPなどで部外へ積極的に紹介する。
・女性従業員のやりがいを高めるため、女性の新制服について新たに検討する。
平成28年10月~
全従業員の働きやすい職場環境を作る為、意識改革を目的とした全従業員研修を実施する。

次世代育成支援のための行動計画

平成26年4月1日策定

当社では、従業員が仕事と子育てを両立させることができ、全従業員が働きやすい環境を作ることにより、全ての従業員がその能力を十分発揮できるようにするため、次のとおり行動計画を策定する。

1.計画期間

平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間

2.計画内容

目標
育児休業中の従業員が職場復帰しやすくするため、休業中の従業員に資料送付などによる適切な情報提供を行う体制を平成28年3月までに構築する

※目標達成のための対策

平成26年7月~
育児休業取得希望者及び経験者へのヒアリングによる具体的なニーズ調査
平成27年4月~
資料送付とその発送タイミング及び発送方を検討
目標
所定外労働を削減するため、毎週水曜日に本社で実施している「ノー残業デー」の取組みを深度化するとともに、平成29年4月までに各センターへ水平展開する

※目標達成のための対策

平成26年7月~
本社朝礼の他、当日夕刻にて、本社内での実施の周知・徹底を図る
平成27年4月~
各センターで「ノー残業デー」導入に向けて実態把握、検討開始
平成28年4月~
一部センターで「ノー残業デー」を試行実施し、課題を分析して本格実施の可能性を検討し、対象箇所を順次拡充
目標
平成22年4月に導入した半日単位での年次有給休暇取得制度を活用し、社員の年次有給休暇取得率向上を平成28年4月までに図る

※目標達成のための対策

平成26年7月~
半日単位での年次有給休暇取得制度について、周知・啓発を行い、取得を促進
平成28年3月~
年次有給休暇取得状況を把握、問題点の検討
目標
「ベネフィット・ステーション」会員として、その福利厚生サービス(育児支援メニュー、ベビーシッター補助のほか、育児をトータルサポート)を十分活用できるように、社員に周知する

※目標達成のための対策

毎年度初の冊子配付時、そのサービス内容を社員に周知する