株式会社ジェイアール東日本物流

JR東日本グループ

会社情報

ごあいさつ

代表取締役社長 唐澤 朝徳

代表取締役社長 唐澤 朝徳

当社は、日本国有鉄道(国鉄)の小荷物輸送を担う会社を母体として1988年にJR東日本グループの物流業を担う会社として設立されました。

現在の主な業務としては、商品のピッキング及び駅構内への配送業務、JR東日本の資材輸送業務及びPCB処分の推進、物流改善のご提案やコンサルタント、自治体の庁舎移転や病院移転などグループ内外の業務を請負っております。

駅構内に向けた商品配送については、京葉流通センターを核とし品質向上、効率的業務を目指した配送システムを整備し、さらに、指定納品代行会社様と連携した配送等により、駅構内の一括物流の構築に取り組んでおります。また JR東日本グループ及び地域貢献を意識した物流最適化として、バス、トラックの空きスペースを活用した新たな物流配送網の推進、駅をご利用されるお客さまの手荷物預かりサービスなど、私たちができる物流の可能性を追求しております。

物流業界を取り巻く環境の変化に対応すべく、新たな中期経営計画 “Go Plan NEXT(2018〜2022)” を策定しました。「物の流れを通じて、JR東日本グループの成長を支え、我々も共に成長する」をコンセプトとし、社会の変化に対応すべき「挑戦(Try)」、私たちが今後とも守るべきお客さまからの「信頼(Trusted)」が骨子となっております。目標達成のため従業員1人ひとりが「やればできることを確実におこなう」ことを共有し、組織の知恵・知見が会社全体に熱く循環する「対流型経営」を目指し安全、品質向上、業務改善等に取り組んでおります。

引き続き皆さまのご期待にお応えできますよう従業員一同取り組んでまいりますので、物流だけでなくお困りのことがございましたら何なりとご用命ください。

経営理念

社業を通じて社会に貢献する


株主の期待に応える


従業員の生活の充実を図る


 
経営方針

安全安心の追求と品質重視


「対流型経営」の実践


創意工夫と業務改善


物流を担う心意気で明るい職場風土

会社概要

社名 株式会社ジェイアール東日本物流
JR East Logistics Co.,Ltd
本社所在地 東京都墨田区錦糸三丁目2番1号
設立 昭和63年10月1日
創業 昭和24年9月1日
資本金 1億円
売上高 117億円(平成29年度)
常勤役員
代表取締役社長
唐澤 朝徳
常務取締役
石戸谷 隆敬
社長補佐
営業部長(営業統括)
常務取締役
西田 耕太郎
総務部長
総合研修センター所長 (監査部、安全・環境管理部、品質サービス改革部担当)
取締役
奈良輪 哲也
営業部部長(商品流通グループ担当)
取締役
深沢 信和
経理部長
取締役
新井 明雄
経営企画部長
取締役
水野 利郎
営業部部長(輸送・移転グループ担当)
取締役
穐山 幸二
京葉流通センター所長
監査役
惟村 正弘
従業員数 970名(2018年7月1日現在)
事業種目
  • 貨物自動車運送事業
  • 貨物利用運送事業(自動車、鉄道、内航)
  • 港湾運送事業(港湾荷役事業)
  • 倉庫業
  • 引越業
  • 鉄道荷物取扱業務の代行
  • 東日本旅客鉄道株式会社の乗車券類等の配送代行
  • 商品の仕分及び荷造梱包業
  • 物的流通に関するコンサルタント業
  • 貨物の仕分・荷役・梱包に関する機械器具の販売事業
  • 機械器具設置工事、管工事、建具工事に関する事業
  • 食料品、飲料水、民芸品、日用雑貨品、家庭用電気器具の販売事業
  • 古物商
  • 不動産の賃貸及び管理業
  • 産業廃棄物収集運搬業
  • 特定信書便事業
  • 駐車場業
  • 警備業
上記に附帯又は関連する一切の事業
取引銀行 三菱UFJ銀行
株主 東日本旅客鉄道株式会社
株式会社JR東日本リテールネット
許認可事業
  • 一般貨物自動車運送事業
  • 貨物軽自動車運送事業
  • 第一種利用運送事業(自動車、鉄道、内航海運)
  • 第二種利用運送事業(鉄道)
  • 産業廃棄物収集運搬業
  • 特別管理産業廃棄物収集運搬業
  • 港湾運送事業
  • 倉庫業
  • 古物営業(道具商)
  • 警備業